火事になりかけたお宅の表替え

燃えた畳

こんなにふうに燃えた畳を見てびっくりしました 。大工さんから依頼を受けた現場です。

ストーブの給油タンクのキャップの締め方がゆるくて、垂れた灯油に引火したらしいです。大声を出したくても声も出なかったとか。

古い藁床なんですが、予算の関係で今回は表替えでと大工さん。
焦がしてから2週間ほどたってるということで匂いもなく畳も乾いている様子。 燃えて切れてしまった床糸も補修して表替えをいたしました。

表替えした畳を納めたら、何事もなかったみたいで、ステキなお部屋になりました。畳縁は今まで付いていた縁と同じ「花あじろのウグイス」です。

高齢のご夫婦のお部屋でしたが、何とか消し止めてることができて本当に良かったですね。