新しいスプレーガン購入。畳表をしなやかにして縫い付けます

水を噴射

昔の畳屋さんはヤカンから水を口に含んで「ブーーーッ」とやったんです。高齢の方はご存知かもしれません。「汚ったね~~。」ですよね、今はそんな人はいないと思います。

畳は霧を吹いて(掛けて)イグサをしなやかにして畳を作ります。特に冬場の空気が乾燥した時期にはイグサが折れたり、表を縫ったところが荒れてしまったりします。

あと、梱包してきた畳表には、折りたたんだ跡がスジになってて気になるのですが、これを直すためにも霧を吹き、イグサに水分を与える行為は大事です。

先日、古いスプレーガンのタンク部分が腐食して水漏れするので新しいものを購入。これがなかなかの優れもの。今までのはタンクの上部から水がこぼれる欠点が気になっていましたが、今度のは蓋部分がしっかり密着できるので、仕事場の床面に水がびちゃびちゃ垂れることもなくなりました。値段も高くないし、、、ネットで探したのですがいい買い物をしました。