江戸川区の新築現場に目積表の縁無し畳を納めてきました

2階のリビングの奥の3畳間。1畳分は板の間で残りのスペースに半畳ものの縁無し畳を納めてきました。リビングとは引き戸で仕切られています。施主様がどのような考えで設計したのか気になります。ご主人の隠れ家的お部屋かもしれませんね。それとも懺悔の部屋⁉。それともお仕置き部屋⁉。

耐久性は工業表(和紙、樹脂)にはかないませんが、肌触りや艶や香りはやっぱりイグサの表はいいですね。

前の記事

保育園の畳のお仕事