保育園の15ミリ畳の表替え。縁は大宮縁キッド№9

大宮縁キッド№9

1歳児室の15ミリバリアフリー畳の表替え。縁は大宮縁キッド№9。保育園の定番の畳縁です。

実はこの畳10年以上前に、ある工務店のお仕事で私が新畳を納めたものなんです。薄畳は耐久性が悪いので今回最後の表替え、畳床がクタクタしてきています。次回は新畳にしないと、、と思いました。

畳床は薄いほど早くヘタってしまうので、できれば2寸(60ミリ)。そうすればクッション性も良くなります。畳屋さんにとって薄畳は「使いすて」という認識です。

前回表替えした他店の職人さん、平刺しという作業工程の時、機械の縫い始め縫い終わりの位置に、バチバチとステープルを打ち込んでいます。機械の調子が悪かったのでしょうね。なんか危ない!。もし縁が剝がれたらステープルが飛び出してきそうでしょう~。

平刺しの縫い終わりにステープル
平刺しの縫い始めにステープル
1歳児室