本文へスキップ

国産おもての畳替えは長谷川畳店。千葉県市川市の畳屋です。

お寺の仕事      HomeCONCEPT

法華経時 祖師堂祖師堂内部

大本山中山法華経寺(千葉県市川市中山)は鎌倉時代に日蓮上人が最初に開いた寺で、日蓮宗五大本山のひとつです。広い境内には五重塔、祖師堂、四足門、法華堂などの重要文化財があり、聖教殿には国宝の日蓮自筆の「立正安国論」や「観心本尊抄」などが納められています(聖教殿は11月3日のみ公開)。
おかげさまで、当店は長年にわたり出入り業者を勤めさせて頂いております。

法華経寺の半纏大本山中山法華経寺の出入り職人として
お預かりしている半纏(はんてん)です。
お寺の行事の時に、職人の正装として着用します。

四方縁・祖師堂
貫首さまが座る椅子にも四方縁のウスベリを
敷きました。

二畳台1
二畳台3遠寿院の大荒行堂に納めた3種類の二畳台。
ちなみに、遠寿院は日蓮宗の宗門で唯一、日蓮から
直接授かったという相伝書を納めています。

奥の院・本堂
奥の院・半纏
 奥の院(日蓮上人が初めて建てたお寺)の本堂とお預かりしている半纏(はんてん)

宝成寺の畳1宝成寺の畳2
船橋市西船の宝成寺の新築工事
畳がいっぱいの本堂です
表は「かえで」1番抜き
床は宮城県の稲わら床

遠寿院客殿の畳工事2