デタラメ畳屋の畳表を釘で止める工法

たまに安い仕事の現場で見かける厄介な工法です。今回の現場はマンションの5階、築50年ぐらいで建築当時の古い畳床のままです。湿気がないので錆びて朽ちてないので外すのは割と簡単でした。が、湿気のある畳だったら釘がボロボロになってて厄介で時間がかかります。この金属の釘は何という名称か分かりませんが畳や仲間では「框が釘でさ~~」といえば解り合える代物です。次は自分がやらないからと言う考えなんでしょうね。デタラメ畳屋の仕業です。

框を釘でB

框を釘でC

 

たくさんの釘